一つの「会社」としての商店街

小売商業・サービス業を営む事業者等が商店街を中心にして組織を形成し、
主に街路灯、アーケードカラー舗装、共同駐車場や文化教室、集会場などのコミュニティ施設を設置するなどの
環境整備事業を行って、街づくりを推進するものです。
その他、共同仕入・共同宣伝・共同売り出し等の販売促進事業や顧客・商品情報管理等の共同経済事業を行うこともできます。

  • 環境整備事業
    環境整備事業
  • 販売促進事業
    販売促進事業

商店街振興組合設立(法人商店街)の要件

  • 市(都)の区域に属する地域
  • 30店以上の小売商業者・サービス業者が近接している
  • 地域の重複を避ける
  • 組合員の有資格者の2/3以上が組合員、総組合員の1/2以上が小売商業・サービス業

法人化するとどんな良いことがあるの?

一つの組織になるメリット
商店の集合体として、個店では実施できない活動単位となることが出来ます
組織強化が図れ、組織活動がスムーズに
組合員の役割や、商店街の目標が明確になりますので、内部結束が強まり、円滑な組織活動が行えます
信用力が高まります
法律に基づく法人であるために、第三者に対する信用力が高まり、資金調達が容易になります
共同施設を整備する場合、国・県の補助金や、中小企業団の長期で無利子または低利の
非常に有利な融資が利用できます
国や自治体の各種振興政策も利用できます
商店街の近代化・活性化に積極的に取り組めます
情報収集。情報交換が図れます
都道府県商店街振興組合連合会は47都道府県に設立されており、諸問題や事業活動の情報を共有できます

愛商連がサポート致します

「愛商連」は日常の商店街活動を通して、「地域への貢献」を支援している団体です。

情報提供 街づくり 人づくり 組織化促進
情報提供 街づくり 人づくり 組織化促進
  • インターネットの活用
  • 情報誌の発行
  • 地域事業に即した
    指導体制
  • 充実した研修内容
  • 支部の強化
  • 青年部・女性部の育成

愛商連にご相談ください

愛商連は各都道府県にひとつずつ設立されている、商店街団体の設立・運営のための専門指導機関です。
法人の設立にあたっては、組合事業の計画、運営方法、費用負担、日程などいろいろ考慮すべき事項があります。
法人化のご相談について、専門指導員が各商店街の特性に応じたアドバイスを行い、
認可行政庁の担当課と連絡調整の上、設立手続きを進めます。

どのようなことでもお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ